T-Mobile USがTuplのAI技術を導入


TuplはT-Mobileのカスタマーケア担当の顧客対応を効率化し、
エンジニアによる分析に基づくより良い意思決定を可能にします。

 

BELLEVUE, Washington – February 14, 2018 – 無線ネットワーク運用の自動化におけるマーケットリーダーであるTuplは本日、T-Mobile USがTuplの製品の一つである、お客様苦情の技術的原因を自動解析するツール「Automated Customer Care Resolution(ACCR)」を導入したことを発表します。Tuplのプラットフォームは、技術的に複雑で時間のかかる問題を解決するため、人工知能(AI)を活用しています。「ACCR」は、T-Mobileのカスタマーケア担当に対して、詳細かつ明快な原因レポートと、技術的な解決策を提示し、より迅速なお客様対応を実現します。また「ACCR」は約90%の業務を自動化することで、旧来の解決方法に比べ、100倍の速度と最大4倍の正確性をもたらします。

 

T-Mobileの技術サービスデリバリー&オペレーション担当シニアバイスプレジデント、Brian King氏は次のように述べています。「T-Mobileは顧客体験に強くこだわっている会社です。その点に対し、Tuplの製品は技術的な問題に対するお客様への迅速な対応が可能になりました。このようなソリューションは、アメリカの通信業界においてT-Mobileが顧客満足度No.1を達成する手助けになります。」

 

TuplのCEO、Petri Hautakangasは次のように述べています。「私たちが提供するACCRは、AIによる自動化を通して、T-Mobile様が最も複雑な問題に立ち向かうことを手助けします。このツールがもたらす恩恵としては、非常に高いレベルでの自動化や100倍早い対応時間、正確性の改善が可能になります。さらに、その結果は完全に一貫しており、これはACCRのソリューションなしでは実現不可能なことです。T-Mobile様と協業できることはとても名誉なことです。今後もT-Mobile様のネットワーク運用を効率化するために、異なるAIベースのソリューションを提供することを楽しみにしています。」

 

Tuplは、ネットワーク問題の検出・解決を効率化することで、運用コストを劇的に削減するAIソリューションを提供しています。TuplのAIエンジン「TuplOS」は、通信事業者のエンジニアリングに関する経験を、デジタルフォーマットに移行することを可能にします。その知識ベースを元に、既存のプロセスの改善や自動化のユースケースが確立できるようになります。

 

既存のユースケースについて詳しくは、www.tupl.com をご覧ください。

 

About Tupl

Tuplは2014年に、通信業界、ビッグデータ、AIの専門家によって設立されました。現在は、米国、カナダ、日本、メキシコ、そしてヨーロッパの主要な通信事業者と協力し、業務プロセスの改善を通して、通信業界の顧客体験の変革を行なっています。TuplのAIエンジン「TuplOS」は機械学習と複数のユーティリティを活用し、ネットワーク運用や顧客サポート業務のイノベーションサイクルを加速させます。Tuplの本社は米国ワシントン州ベルビューにあり、スペイン、メキシコ、そして日本でソリューションを提供しています。2018年は、さらに多くの国へ提供の範囲を拡大していく予定です。詳しい情報やデモリクエストをご希望の場合は、www.tupl.com をご覧ください。

 

Media Contact

Kate Pietrelli for Tupl Inc.
kate@pathadvisors.com
+1 760.518.2633